ユーザーインサイトに寄り添ったブランドづくり
マーケティング部
ジェネラルマネージャー

根本 慎吾

2009年に新卒で人材ベンチャーに入社し、多くの企業の採用支援に携わる。その後Web広告会社に転職し、Webプロモーション業務を経験。2016年1月に現jinjerへジョインし、2月にHR NOTEを立ち上げ、現在はHR NOTE編集部 編集長を務める。現在はjinjerのブランドマーケティングを担う。

個々が主役となって仕事を創り出す組織運営

現在は、マーケティング部においてブランドマーケティング並びに広報に携わっています。

jinjerという会社、並びにプロダクトを世の中の多くの人に知ってもらうための活動を中心に、採用広報やPR広報を通して、jinjerの魅力を多くの方々に届けていきます。

また、並行して人事向けメディア「HR NOTE」の運営もしており、人事・経営者・マネジメント層の方々にとってお役立ちコンテンツもお届けしています。

日々の仕事の中では、顧客が何を求めているのかという「顧客のインサイト(ユーザーニーズ)」を正確に理解することを心がけています。

顧客が求めているニーズ、そのために顧客に響くキャッチフレーズなど、「すごく共感するね」「そういうのほしかったんだよね」と思ってもらえるよう、顧客に響く伝え方は日々意識しています。 

マネジメント面に関しては、メンバーの個性を最大限発揮してもらうために、心理的安全性は非常に意識していますね。細かい情報共有や、裁量権を与えること、意見の尊重など、主体性を持って動いてもらえることを大切に行動しています。 

また、ブランドマーケティングは比較的新しいミッションで、新しいチャレンジも多くあります。

新しい業務が多いからこそ、個々が主役となって仕事を創り出し、年齢関係なく意見を交わし合えるような雰囲気を創り出していきたいですね。

よりチャレンジングな環境へ

私は、新卒で2009年にjinjerの前身となる人材ベンチャーに入社し、新卒紹介で地方の魅力あふれる企業の採用支援をWebを通しておこなったことがきっかけで、Webの世界に興味を持ちました。

その時、将来的には地方創生の一環として地方の魅力を伝える仕事に関わりたいと感じ、Web広告代理店に転職。

しかし、2013年くらいにWebがTV広告や、雑誌の売り上げを抜いた事実に衝撃を受け、時間と距離を無くせるWebプロモーションに関わりたいと感じ「いつでも」「どこでも」情報収集できる「メディアを創りたい」と考えるように。

30歳になるタイミングで、より大きな裁量で自分自身がサービスを生み出すことにチャレンジしたいと感じ、転職や起業などを視野に入れ始めました。

しかし、素人にイチからメディア立ち上げを任せてくれる会社なんてない。起業をする知識もない。

そんな中、jinjer株式会社CEOの加藤に再会し、近況と考えを伝えたところ「じゃあ、うちでやればいいじゃん」と

悩んだ末、チャンスはつかむべきだと再入社を決意しました。

日本を代表するSassプロダクトを創るために

まずは、ジンジャーというプロダクトが日本を代表するバックオフィスSassプロダクトとなれるよう、プロダクトマーケグループとして貢献していきたいです。

ジンジャーがあるから、日本の生産性が上がったと思ってもらえるのが理想ですね。それに付随して、プロダクトだけでなく、jinjerで働く社員にも光を当てていき、「jinjerで働いている社員って優秀だよね」「jinjerで働きたい」と社内外で思ってもらえるような会社を創り上げていきたいです。