名実ともにNo.1 SaaSを目指す
マーケティング部
マネージャー

野村 佳史

2018年4月に新卒で入社。入社後、マーケティング部に配属され、HR NOTE編集部として1年間オウンドメディアの運営に携わる。現在は、バックオフィス向けクラウドサービス ジンジャーのマーケティングを担当。マーケティング戦略の策定、実行、検証、並びにコンテンツ作成まで幅広く業務をおこなっている。

リード獲得から売上に繋がるまでが責任範囲

現在、私はジンジャーのマーケティングを担当しています。マーケティングの4P(Product(商品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販売促進))でいうと、主にプロモーションPromotionの部分を担っています。

具体的には、サービスサイトやオウンドメディアの運営、広告の運用、大型展示会の企画・運営、CRMなど、幅広いプロモーション施策をおこなっています。 

Promotionがメインとはいえリード獲得がすべてではなく、リードを獲得したあと売上に繋げるところまでを責任範囲としています。

そのため、インサイドセールスとナーチャリングの仕組みをつくることや、フィールドセールスを支援する動画作成などもおこなっています。

また、ジンジャーには多くのプロダクトが存在しますが、リリースされた直後で、まだマーケットフィットしていないプロダクトも存在します。 その場合は、営業ともコミュニケーションを取りつつ、ユーザーインタビューを重ね、悩みを言語化するなどして、ジンジャーの魅力がより多くの方に伝わるようなコミュニケーション設計にも携わっています。

成長できる機会が多い、そこが会社の魅力

jinjerには「お客様に提供する価値を最大化するには、自分自身が成長して提供できる価値を増やすこと。サービス価値の増幅と自己成長はイコールだ」という考え方があります。

一見相反しているように感じる「自己成長」と「お客様への価値貢献」ですが、互いをしっかりと結びつけ、全員が理解し実現するために努力する。このカルチャーが魅力的だと感じています。

また、成長機会が多いこともjinjerの特色です。

スキルを前提とした責任範囲・役職ではなく、まずは大きなミッションを任せる。その中で試行錯誤しながらも、任されたミッションを達成するために努力し、自ら成長していく。このように「機会が人を成長させる」という価値観が根強くあります。

自分ごととして捉え、責任を持ってミッションを遂行していける成長機会が多いことが、何よりこれまでの私の成長速度に繋がっていると思います。

夢はジンジャーをNo.1にすること

正直なところ、明確に「こうなりたい!」という夢はありません。

しかし、夢を持つなら、やはり「ジンジャーをNo.1 SaaSにすること」でしょうか。

DXが注目される昨今、SaaSは今世の中で最も求められているビジネスモデルです。

ジンジャーのマーケティングを担うからには、日本でNo.1のSass事業に成長させたいと思っています。

もちろん、先行者も多く競合も強いビジネスモデルですので、簡単に叶えられるような夢ではありません。しかし、それでも本気でその夢を叶えたい、本気で挑戦したいと思えるプロダクトがあり、そして仲間がいます。

この十数年で先行者を追い越し、認知度、ユーザー満足度など、名実ともにNo.1 SaaSを目指したいと思っています。