挑戦し続ける採用部長のキャリア
CEO直下 採用部
部長

中川 皓之

2014年にネオキャリアに入社。大学在学中に父となり現在は2児のパパ。1年目で関西で人事部の立ち上げを経験し、3年目には採用全域の責任者として従事。2018年末には一度退職し、起業。現在は起業した会社は仲間に任せる体制を整え、jinjer株式会社の採用部 部長に就任。

期待は担ぎきるもの。自分の人生観が決断を後押し

私のファーストキャリアは、新卒採用ミッション。4年半にわたり採用担当、そして採用部の部長としてのマネジメント経験したあと、実は2018年末に自分の会社を興しています。

起業してからは、CEOとして自らセールス、マーケ、ファイナンスなど、さまざまな職種を経験しました。

スモールビジネスをキャッシュエンジンとしてコングロマリットに展開するような経営を目指し、ちょうど舵を切ろうとしていた矢先、jinjer株式会社CEOの加藤から「採用部を任せたい」とオファーをもらいました。

改めて、大きな挑戦をする事業会社の採用責任者として従事できることはとても魅力的でしたが、この決断には自社メンバー、クライアント先、経営者団体の理事、運営などあらゆるステークホルダーに対しても影響が出てしまう。

悩みに悩んだ末に、jinjer株式会社で採用責任者を任せてもらう決断をしたのは、「これまでにお世話になった方に必要としてもらえるのであれば、その期待を担ぎきらねば死ねない!」という自分自身の人生観からくる責任にも似た想いからでした。

この先は、勢いのある事業会社の採用責任者としての立場を最大限に活かし、採用、そして人事としての見知をとことん広げたいと思っています。

社内外に「何を届けることができるか」

人事の中でも「採用の仕事」は、社内外問わずステークホルダーが多岐に渡る仕事です。

私たち採用部は、あらゆる立場の方々に対し「何を届けることができるか」と問い続けながら向き合っています。

例えば、jinjerで働いてみたいと思い応募してくださる求職者の方々は、私たちからしたら社外のステークホルダーです。

とてもうれしいことに日々たくさんの方に応募いただきますが、採用の構造的にともに働くことができるのはごくわずかな方々だけです。

それでも、応募いただく一人ひとりにとって転職や就職はこの先の人生を決める転機。だからこそ採用担当が関わる時、どのような気づきを与え、どのような声を届けるかによってその人の人生を変えることだってあると思っています。人の人生を左右するポジションだからこそ、たった一回の出会いで最高のプレゼントを届けられるようにと心がけています。

また社内においても、私たちが目指す世界観・事業の実現に向けて、どのような組織デザインを描き、各構成要素をどうアラインメントして形にしていくべきか、そのための対話が大切です。

ボード、メンバー双方の声をキャッチアップしながら、全体最適と個別最適の両方に妥協せず、事業実現と個人の人生の実現を結びつけていくハードミッション。

会社が描くビジョンを成すために必要不可欠な人材採用は、とてもダイナミックでやりがいのあるミッションだと感じています。

当事者として、採用責任者として。jinjerの魅力を発信する

世の中の人事データは暗黙知※の状態で眠っており、これまでさまざまな経営判断、人事判断が感覚的におこなわれてきました。

※暗黙知とは…経験的に使っている知識だが簡単に言葉で説明できない知識のことで、経験知と身体知の中に含まれている概念のこと

例えば採用選考時のデータと入社後のデータが接続されていない、もしくは接続できておらず、断片的な統計により投資ジャッジがおこなわれてしまう、などもその一例です。

適切な課題設定ができずに経営、人事、メンバー、すべての人々がモヤっとやりすごなさければならないことも多かったと思います。

jinjerはこうしたブラックボックス化している部分を可視化し、適切に課題抽出をするためのツールにできることも、サービス提供価値として魅力的だと思います。

バックオフィスにおける一部門の責任者としても、jinjerが描く未来、ポテンシャルには期待しかありません。

自分自身が感じるプロダクトの魅力、そしてそれを作りあげる組織の魅力に関しても、当事者として、また採用責任者として社内外問わず伝えていければと思っています。