CMのウラガワ①「jinjerタクシーCMの特徴とこだわりとは」

CMのウラガワ①「jinjerタクシーCMの特徴とこだわりとは」

こんにちは、採用マーケの大塚です。

皆さんはジンジャーのタクシーCM、ご覧になりましたか。2021年1月10日~放映が開始され、公開間もなくSNS等でたくさんの反響が返ってきています。

今回は、タクシーCMを放送した背景や、見どころを紹介します!

jinjerがタクシーCMをつくった背景

さかのぼること、jinjerがネオキャリアからスピンアウトして設立される以前は、イチ事業部という立ち位置でした。

それまでは、限られた予算の中でプロジェクトを進行することが求められ、マーケティング施策も既にジンジャーに興味がある「顕在層」の顧客を中心に、リスティング広告やウェビナーなどのアプローチをおこなっていました。

そして、jinjer株式会社が設立されたタイミングで、一気に成長にドライブをかけるために、「顕在層」だけではなく、ジンジャーというサービスを認知していない「潜在層」の顧客に向けたアプローチも注力するようになりました。

その中で、幅広いターゲット層に対して情報発信をおこなっていくために、タクシーCMを公開。下記にCMをYouTube動画として公開しています、ぜひご覧ください!

潜在層に対して認知を広めるために

ジンジャーを認知していない「潜在層」の顧客にも興味を持ってもらうために、タクシーCMで何を訴求すれば良いか。まずは、「jinjer(ジンジャー)」という会社の名前を覚えてもらうことを意識しました。

また、人事の方々が、日々課題に感じていることを取り上げ、実際の業務内容の描写を取り入れた演出にも注力したり、数多くあるタクシーCMの中で差別化ポイントとして、「ドラマ調」にしてCMを作り上げています。

認知を広めていくためにどのような演出にしたか、以下で詳しくご紹介します!

認知を広めていくためには、会社の名前を覚えてもらう!

認知を広めていくためには、まずは会社の名前を覚えてもらうことが大切です。実は、今回のタクシーCM4話すべての中で、「ジンジャー」という単語は36回も言われています。

その背景として、社名をCMの中で多く出すことによって、頭にその響きが残り、「ジンジャーってCM放映していたよね!」と言われ、認知につなげたいと考えているためです。

また、「ジンジャー部長」という謎のキャラクターが登場してきますが、こちらも「ジンジャー部長」というシンボルをつくることで、認知を高めてもらうことを意識してつくっています。

実際の業務内容の描写を取り入れる

そして、ストーリーに関しては「ジンジャーを導入することで、業務内容がどのように変わるか」を理解してもらうことを心がけました。例えば、タイムカードを使っていたり、多くの書類の契約書のはんこを押していたりなど、旧来の業務内容に近い描写を多く取り入れています。

「実際に人事業務を効率化していきたい」と考えているけどジンジャーを認知していない「潜在層」の顧客にも、ジンジャーを使うメリットや特徴を認識できるような構成にしました。

次に、CMの登場人物に関して簡単にご紹介させていただきます。

個性豊かな登場人物たち

主要な登場人物として起用したのは俳優の長谷川博己さん、津田寛治さん、手塚真生さんの3名です。

・長谷川博己さん

生姜商事株式会社の管理部の部長として活躍しています。真面目で仕事も質とスピード重視。誠実な性格から男女共に信頼されているエリート部長です。自分より優秀な人間がいることにプライドが許さないタイプ。しかし、ジンジャー部長という謎の人物が登場し、自身を脅かす存在に焦りを感じている様子…。

・津田寛治さん

生姜商事株式会社の専務。長谷川さんの上司でもあります。長谷川さんを全面的に信頼し、可愛がっています。その一方でバックオフィスの仕事が効率化せず、モヤモヤすることも多くなっているそう。そんな中で事態は一変。ジンジャー部長の登場で人事業務の不満が無くなり、ご機嫌な日が続いています。

・手塚真生さん

長谷川さんと同じ会社に長年勤めている女性社員。愛嬌があり、男性社員から可愛がられることもしばしば。そして時折垣間見えるお茶目なキャラクターが印象的です。ジンジャー部長との関係性も見どころです(笑)

CMの他にサービスサイトもリニューアルしました!

そして、タクシーCMの放映にあたって、サービスサイトのリニューアルもおこないました!タクシーCMを通じてジンジャーを認知してくださった方々に、よりジンジャーのことを覚えてもらいたい。

そのような背景から、ジンジャーが企業に選ばれる理由やジンジャーの魅力を発信しているダウンロード資料など、タクシーCMとは違った視点でジンジャーを知れるサイトのデザインです。

サイトの中身をちょっとだけ紹介!

サービスサイトに掲載されているデザインや内容などを、ちょっとだけご紹介させていただきます。
これがトップページです。

ジンジャーは「バックオフィス業務をラクに、シンプルに」をモットーに、業務効率化につなげていけるサービスのメリットを伝えています。

そして、タクシーCMにもご出演していただいた長谷川さん写真が一目で伝わるような仕様になり、素敵なデザインです!そして、ジンジャーが選ばれる理由に関してもご紹介しています。

CMでは、ジンジャー勤怠、ジンジャーサイン、ジンジャー経費、ジンジャー労務のそれぞれの内容が中心でしたが、このサイトでは「ジンジャーシリーズがなぜ選ばれているか」、ジンジャーシリーズの全体像を知ってもらいたい想いがあります!長谷川さんのキリっとした笑顔も素敵ですね!

最後に今回公開したタクシーCMもサービスサイト内で見られる仕様にしています。

タクシーCMでは「タイムカードの管理が大変・・」「紙の請求書の記入や捺印が面倒・・」といったように人事業務に課題を抱えている方々に向けてジンジャーのことを知ってもらいたいと考えています。

「ジンジャー部長は知っているけどジンジャーって何ができるの?」と考えている方はぜひのぞいてみてください!

▼サービスサイトはこちらのリンクから見ることができます!

人事管理システム・人事管理ソフトのジンジャー|jinjer株式会社
jinjer[ジンジャー]は、国内初の人事領域のデータを横断的にマネジメントできるプラットフォームです。ブラックボックス …
hcm-jinjer.com

CMのウラガワ第2弾もお楽しみに!

他のタクシーCMと差別化を付けるために、ジンジャーという単語を多く台本に取り入れたり、旧来の業務がジンジャーによってどのように変化するかなど、「ストーリーの演出」にもこだわりました。

そして、jinjer株式会社は2021年11月に設立したばかりの会社ですが、設立5ヶ月の企業でここまで認知拡大に力を入れている会社は唯一無二だと思っています。このCMを通してジンジャー、jinjer株式会社共々知ってくださるとうれしいです!次回のシェアズ!もお楽しみに。

この記事を書いた人
otsukajinjer-career
大塚理子
大学卒業後、30人規模のベンチャー企業で営業を経て、1人でデザインからフロントエンドを行う。その後、現職ではマーケティング部で採用ブランディングに関わる。好きな食べ物はお寿司。